「もし、世界が100人の村だったら」
という本や番組ってありますよね。

私が中学生のころ、この「もし世界が100人の村だったら」
のテレビ番組をみてかなり衝撃だったのを覚えています。

その時、とりあげられていたのは
”ストリートチルドレン”
”売春”
などをピックアップしてました。
特に、実際に女優さんが”ストリートチルドレン”に
会って話たりするシーンが流れましたのが印象的でした。

と同時に日本はいかに恵まれているかを実感しました。

「奇跡のシンフォニー」とかも
ストリートチルドレンが題材にされている映画も見に行きました。

「闇の子供たち」は”売春”がテーマとされています。
小説も映画もみました。

かなり影響受けてしまってますね。

これは、雑談ですが…..

人は周りのことだけしかみていないと
自分は不幸だと思ってしまいます。

ことわざで
「魚の目に水見えず、人の目に空見えず」ともいいます。

2016年版もでています….
・86人が読み書きができ、14人ができない
・87人にきれいな水があり、13人にきれいな水がない
・44人にネットがあり、56人にネットがない
・75人が携帯を持っていて、25人が携帯を持っていない
・『1日の収入』
15人が2ドル(約220円)以下
56人が2~10ドル(220円~1100円)
13人が10~20ドル(1100円~2200円)
9人が20~50ドル(2200円~5560円)
6人が50~90ドル(5560円~1万円)
1人が90ドル以上(1万円~)
1人の人間が全体のお金の50パーセントをコントロールしている。
もし、世界が100人の村だったら
日本人はかなり恵まれている。
自分の人生は自分で変えられる方法がいくつかある。
それをするかしないかは自分次第ですよね。
そこが難しいところではもちろんあるのですが…