カテゴリー: 制作代金

秘密保持契約書/参考

秘密保持契約書/見本

秘密保持契約書
(甲)              と
(乙)              との間における、秘密情報の取扱に関して以下のとおり契約を締結した。
第1条 (定義)
 本契約における秘密情報とは媒体の形式を問わず、秘密情報と明示し開示する情報をいう、但し、以下の各号に該当する場合にはその限りではない。
1.相手側開示を受ける前より既に保有していた情報
2.正当な手段により、第三者から受けた情報
3.公に公表されており、一般に入手可能な情報
4.開示者が事前に書面により公表を承認した情報
5.開示を受けた相手方が独自の方法により開発した情報
第2条 (秘密保持義務)
 甲及び乙は、知りえた情報を善良なる管理者の注意をもってその情報を管理・保持するものとする。
2 甲乙双方は、受領した情報を甲乙合意の目的以外に使用してはならない。
3 甲乙双方は、相手方の同意がない限り、本契約にかかる相手方の役員・従業員などで、 機密情報を知る必要のある者以外の者及その他の第三者情報を開示してはならない。
第3条 (使用目的)
 甲及び乙は本件の秘密情報を         の目的としてのみ使用する。
第4条 (権利義務の譲渡の禁止)
 甲乙双方は、開示者の書面による同意を得ずに、本契約により生ずる権利又は義務の全部又は一部を第三者に譲渡し、承継させてはならない。
第5条 (複製・複写)
 本件の契約に係る情報については、必要のある場合にのみ複製・複写を行なうことができる。
第6条(秘密情報の返却)
 情報受領者は、本契約が終了した場合または開示者から要求を受けた場合は受領した情報媒体または物品等を直ちに返却又は開示者の指示に従い廃棄するものとする。
第7条 (損害賠償)
 甲及び乙は相手方の本契約に定める秘密保持義務に違反して秘密情報を漏洩した場合には、情報開示者はその違反行為の差止め及び原状回復を請求及び、損害賠償の請求をすることができる。
第8条 (有効期限)
本契約の有効期限は、契約締結の日より1年間とする。
尚、本契約の延長などについては、甲乙協議により決定するものとする。
2 前項の期間に関わらず、本契約終了後においても、(第2条)秘密保持義務及び(第7条)損害賠償については2年間継続するものとする。
第9条 (合意管轄)
本契約に関する紛争に付いては、甲の居住地の裁判所を第一審の管轄裁判所とする。
以上の通り契約が成立したので、本契約書2通を作成し、各自押印の上各1通を所持します。

平成  年  月  日
甲)   
住所
氏名             印

乙)   
住所
氏名              印
—-sample/sample/sample—-

point
秘密保持契約は、締結することで今後の取引では重要な情報が含まれるものであることと推測できます。
企業としての重要な情報以外にも、顧客の「個人情報」等もその対象なるのではないでしょうか?
個別で業務委託を行う場合で守秘義務関連の条項がないときには個別にこれらの内容の書面作成をお勧めします。

秘密保持契約書

■WEBサイト制作ページ構成について
ページ構成
◇合計ページ数( )ページ
◇TOPページ1ページ
◇商品カテゴリ検索( )ページ
◇おすすめ商品ピックアップ( )ページ
◇商品紹介( )ページ
◇キャンペーン情報( )ページ
◇お問い合わせ( )ページ
◇会社概要( )ページ
◇特定商取引( )ページ
◇その他( )ページ
お問い合わせページ内容
◇相手の名前・住所・TEL・メールアドレス・選択項目の用意、
◇どれを必須の項目にするか
◇(入力しないと次へ進めない様にする)など
◇自動返信 あり・なし
◇送信メール・返信メールの内容
サイトマップ あり・なし
プライバシーポリシー あり・なし(今はお問い合わせフォームがあれば必須です)
サイト運営者規則 あり・なし
リンク集(相互リンク) あり・なし
会員認証システム あり・なし
セキュリティ対策 SSL使用なし・あり その他( )
アクセスカウンター あり・なし
サイト内検索 あり・なし(ありの場合はCGI必須)
アクセス解析 あり・なし(フリーウェア・シェアウェア)
会社概要 ほぼ必須
画像(ロゴ等)準備 あり・なし(なしの場合は別途お見積り)
その他特記事項… 特に要望する内容や事項を記載してもらいます。
※上記はあくまで一つの仕様書例です。状況により「必須なもの」「不要なもの」などが既にわかっている場合もあります。
※上記以外に必要なものがある場合があります。

サイトの大まかなページ構成を決定します。TOPページは1ページだとしても、ページの中で「この部分は多く作りたい」「キャンペーンページを載せたい」などの、様々なご要望にお答え出来るよう細かく決定します。ただし必須のページもありますのでそこは必ず盛り込んでもらうようになります。

■お問い合わせページの内容

お問い合わせページは、単にお客様の個人情報だけでなく多種のアンケートに答えてもらうなどの工夫により、目に見えない相手の様々な情報を取得する事ができます。次につなげる為に必ず入力・選択して欲しい箇所を必須項目とすれば、情報の取得漏れがありませんので是非気をつけたい部分です。

ショッピングサイトなどで相手に送信・返信されるメールの場合は、そのメールの文面なども詳しく打合せする必要があります。その内容で会社に対するイメージが左右されたりします。

■サイトマップ—Sitemap

サイトマップとは、どのページに何が記載されているのか、情報リテラシー上の問題で訪問者がわからない場合に、とにかく一覧として全ページへのリンク内容が表示されていれば、訪問者は簡単にそのページへ行き着くことができます。その一覧掲載ページがサイトマップです。→情報リテラシーとは?

■プライバシーポリシー個人情報保護規定

プライバシーポリシーとは、お客様の個人情報をお問い合わせメールから取得する場合、その取得目的を明確にし保護規定を遵守する類の内容を記載するページの事です。ほぼ必須となります。→プライバシーポリシー個人情報保護規定とは?

サイト運営者規定とは、WEBサイト内に記載されてある情報や画像などの転載や二次利用などを禁じたり等の、そのホームページの利用に関する規定などを盛り込むページです。上記のプライバシーポリシーと合わせてあるケースもあります。

■相互リンク集の設置

リンク集(相互リンク)とは、カテゴリ分けして他のサイトの紹介をするリンク一覧ページです。SEO対策上は非常に有効な手段となります。相互リンク集であるという事は、相手サイトからも同じ様な相互リンク集より自分のサイトへリンクを貼ってもらっているはずです。外部リンクの一番の獲得法です。→相互リンク作業はどうして大事なのでしょう?

■メンバー会員認証システムの有無

会員認証システムとは、通常の訪問者が閲覧できるページ以外に、会員登録をしているお客様のみが閲覧できる情報ページなどを用意するため、IDとPASSWORDなどを入力してもらい、メンバー会員のみを許可するシステムの事を指します。通常の訪問者と差別化を図ることで、メンバー会員への密着サービスと囲い込みが狙えます。

■セキュリティ対策(SSL)の有無

セキュリティ対策(SSL)とは、ショッピングサイトなどでカード決済を行う場合に、必ずお持ちのカードの番号を入力します。そのカード番号や個人情報のデータがそのままやり取りされていると、途中でそのデータを盗み見する輩がいますので、暗号化してやり取りします。SSLとはその暗号化システムの事を指します。ネットショッピングでカード決済が出来るようにするならば、必須と言えるでしょう。

■サイト内検索機能の有無

サイト内検索とは、1つのサイト内で掲載している情報量やページが膨大なものになり、どこに何があるのかがわかりにくくなる場合があります。その際、そのホームページの中を対象とした検索システムを搭載するのがサイト内検索です。検索キーワードを入力する事で、知りたい情報が掲載されているページの検索リスト候補が並びます。そこから目的のページへ直接ジャンプする事ができます。

■アクセス解析の有無

アクセスカウンターはよくTOPページの下に表示されている数字の桁の画像の事です。何回訪問者がこのTOPページを訪問したかがわかるようになっています。それに対し「アクセス解析」は、いつ・誰が・どのような背景で(検索エンジンからか、他サイトの紹介からか)・どのような経路でホームページの中を閲覧して行ったか、などが詳しくわかる解析システムです。無料と有料のものがありますが、やはり有料の方が細かい部分まで解析できるようになっています。→アクセス解析とは?

更に細かい仕様打合せへ
ここまで来たら次のステップはもっと細かい専門的な打合せに入ります。「ちょっと細かすぎてここまで想定していなかった」、「少し腰が引ける」とお感じのお客様もおられるかと思いますが、全て弊社スタッフがわかりやすく説明しながら、1つずつ進めていきます。これを全て覚える必要はありません。

ご理解頂きたいのは、これくらいきちんと綿密な打合せの元に制作したホームページでなければ、「これからを勝ち残るホームページ」になるのは難しいという事、そこまでホームページの事を考える時間も労力もないお客様にこそ、「勝ち残るホームページ」を所有して頂きたい、そんな気持ちで弊社は今まで数多くのお客様のサポートを行っているという事です。

わかりやすい見積書の書き方

書き方というか、以下をしっかり明記しておきましょう。
あとはサンプル見て解釈してね…。っていう記事です。

宛名
正式名称で記載しましょう。
会社の場合は御中。担当者がはっきりしてる場合は担当の名前もあると良いかもしれません。

ひとり歩きしないように誰宛か明確にしておくとトラブルを防げます。
日付
提出した日付を記載します。
いつのプロジェクトか、そして見積書の有効期限と合わせる事で、もし単価が変わった際などのトラブルを回避できます。

受け取り側が企業だった場合、社内処理等に必要になる場合があります。
もし必要な場合は日付指定があるか確認しましょう。
見積書の有効期限
見積書で契約することができる期限。

日時を明確に記載する形でも良いですね。
上記「日付」と共に合わせてつかいましょう。
見積もり金額
基本的には消費税を含んだ合計額を記載します。

少しでも印象を良くする為に見積書は税抜で出すことも・・・?今はあまり無いですよね。
発行者と押印
発行した側の社名・担当名(代表名)・住所・連絡先等を明記。
更にそれに少しかかるくらいに押印(印が無いのでサンプルはロゴですが)
上司承認が必要な場合はその承認印や照査印の箇所も用意しておきましょう。

向こうでは見積り単体で話し合いになっていたりします。その時に連絡先や担当者名が無いとすぐに連絡できないので、用意してあると助かりますね。
納品場所
納品場所(及び納品形式)を記載します。

納品までが仕事なので、納品先はしっかりと。
Webの場合はサーバ納品なのか、データ納品なのかを先に決めておくと良いでしょう。
ギリギリになって「サーバにアップしてください」 と言われても、サーバ情報知らないと困ったりしますよね。
そういった意味も含めて、明確にしておきます。
納期
支払いと大きく影響します。
Webは納期が伸びることが多々あります。納期が伸びた分は損と考えた方が良いので、指定日を決めておくと良いです。

支払い期日なども合わせて書いておけば、後々トラブルにならずに済むこともあります。
スケジュールが伸びてしまった時に納品前の支払いをお願いしやすくなるかも?
見積もり明細
項目、数量、単価、単位、更に作業詳細、備考など。
金額を明瞭にする意味もありますし、値引き交渉などの際にも単価ベースで話がされることがあります。

ここを詳細まで書くか、ざっくりと人工にしてしまうか、色々戦略があるとは思いますがその辺は今回の趣旨と違うので別途。
注意書き
項目に対する注意書きや、見積り自体の注意書きをきちんと書いておきます。

見積りは項目名だけだと作業内容が曖昧になりがち。
後々に「ここも含まれてるんじゃないの?」とか、人によって作業の解釈が違うので、あらかじめ別途費用をお願いしたい点などは記載しておきましょう。
大体の人は見てないですけど・・・一応後から「見積りにも書いてありますし」といいわけできるので。
消費税
消費税は必ず記載しましょう。
支払いの時に税別なのか税込なのか揉めることがたまにあります。

ディレクターからすると、消費税が無い見積書はけっこう困ります…。予算があるので。
払うものはしっかり払うので、どっちなのか先に明確にしておいて欲しいです。