1.カラー剤による違い


市販のカラー剤はアルカリ性ものもで、髪の色を抜くブリーチ効果と抜いたところに色を入れることができます。
美容室で使用しているカラー剤も同様なのですが、髪のダメージが最も顕著にでるブリーチ効果に差があります。
市販のカラー剤は素人でも綺麗に染められる様にブリーチ効果がめいいっぱい強いものになっていて、色を抜か
なくても良い箇所もブリーチするので必要以上に髪を傷めてしまいます。美容室ではブリーチ効果の強弱の種類が
あるので髪の状態に合わせて使い分けるため、髪のダメージを最小限に抑えられます。

2.染め方による違い


自宅染めの場合は、説明書に従って白髪の箇所や伸びてきた箇所を中心に染めていくものですが、美容室染めでは髪の状態を見て色やダメージに合わせ、放置する時間なども変えたりとできるだけ傷まない様に工夫されています。
自宅染めの場合、根元をしっかり染めようとすると頭皮にもついてしまいがちですが、これは頭皮のダメージに繋がります。肌の弱い人ではかぶれたり肌トラブルを起こすこともあります。
美容室であれば、頭皮につかない様にしっかり染めてもらえるので頭皮へのダメージを抑えられます。

自宅染めと美容室染めの違いを実感した件

最近は市販のヘアカラー製品でもとても良くできているので、簡単に割と綺麗に染められて、価格もリーズナブルですぐに白髪が伸びて目立ってしまう私にとっては経済的には助かるものなのですが、自宅染めの場合、ムラができたり、思った色にならなかったり、染め残しや最悪染まっていないという経験もあります。特に一番気になる生え際の髪は気をつけていても結構な確率で染まってません。
特に、白髪の髪はなかなか染まらないようで私の親なんかは白髪がちらほらででてくる年なので染まらないからといって市販の髪染めを何回もかって染め直しを自分でやっていたりしました。いまでこそ、美容室で染めに行く方が確実に染めることができお金はかかるものの手間も省け、精神的にも楽なことにようやく気づいたようではあります。

美容室で染めるメリットは大きく、希望通りの色に染めてもらえるし、生え際の白髪もしっかり染めてくれるし、ダメージがひどい時はトリートメントをしてくれたりと至れり尽くせりで、自宅染めの様な失敗はほぼゼロです。さらに自宅染めだと根元を気にしすぎて頭皮にも色がついていかにも白髪を染めてますって感じになりますが、美容室染めではその心配は絶対にないのが良いです。

そして何より、自宅染めの時は準備やその過程がとても面倒なのですが、美容室染めなら、綺麗なサロンで全てやってもらえるという気分の良さ!色持ちも断然美容室染めの方が良いのも髪や頭皮のためには嬉しいことです。