私たちは普通に生活してれば血液、リンパは重力で下半身にさがってきて、そうした血液、リンパは再び上半身に戻ります。しかし、このとき大事なのが下半身の筋肉で、動かさないでいたり下半身の筋肉衰えていれば血液が上半身に戻らなくて下半身に溜まってむくむことがあります。さらに全身の血液、リンパの流れ悪くなり身体に老廃物溜まってきて、むくみの原因となるわけです。そこでランニングで下半身の筋肉動かしていき、リンパが上半身に戻って老廃物回収されてむくみも収まるのです。私たちは日ごろ何かとストレスを受け生活しており、ほとんどの方がストレスを体にためているのです。ランニングは走ることに没頭できてダイエット中のストレスを忘れることが可能なのです。代謝があがればやせ体質にとなり太りにくくなるのですが、代謝量は一定ではなくて、1日の中で最も代謝低いのは朝起きてすぐであり、そこから時間経過して徐々に代謝あがって昼間に代謝ピークを迎えることに。、夜は代謝が下がっていきます。そして朝起きすぐランニング始めてみると体が活性化されてい期徐々に上がっていく代謝を一気にピークまで上げられるのです。結果代謝高い状況を長時間キープできて、ランニングしないときに比べて1日の代謝量増えてやせやすくなるはず。


そして朝起きた直後ランニング始めてみれば体へ負担となって朝起きた30分後ぐらいにランニング始めてみれば負担少なくなります。ランニングダイエットで効率よくやせるための食事前に走ってください。そうすれば血糖値が最も下がっていて脂肪も得やすい状況になっています。血液中の水分多くなら血液さらっとした状態になって代謝が上がるのが、ランニングする前水を飲むことでランニングすれば汗をかいて続けるほど体内の水分失っていくのです。なのでランニングする前水分補給して体内の水分不足予防が可能。そして、朝起きランニングするなら水分補給は必須です。朝起きたら身体がとても水分不足なのです。なのでぜひ水を飲んで健康維持しましょう。