「ニッチを狙え!」
ってよく聞きますね。
少し、ニッチについて取り上げてみます。

「ニッチ」とはニッチ市場そもそも「隙間市場=Nich」という英語です。
もともと西洋建築の用語で「壁の凹み」を意味します。

しかし、市場で意味するニッチとは、「潜在的な需要があるが規模は小さい市場」、
もしくは、「誰も手を付けていない市場で需要がある市場」のことをいいます。

たくさんのアフィリエイターと戦わずに、戦わずとも一人勝ちするイメージです。
(勿論、ニッチを狙わなくても最終的には、勝たないとダメではあると思います)
42
例えば、ニッチなサイトとは、
・潜在的に需要がある
・誰も手を付けてない
ということで、
そのサイトしかなく需要があるわけなので勿論アクセスがたくさんあるということはわかると思います。
なので、検索結果が上位表示されます。
自ずとアクセスはいいわけです。

なので、他で上位表示されなく、どこにでもあるサイトだったりではアフィリエイトをする上では
効率が悪く稼ぎにくいです。

なのでニッチを狙えといわれるのがわかったと思います。

キーワード数について

2語くらいであれば案外上位表示できてくるので、ぜひ色々試すのがいいいです。

2語や3語で上位表示させることもニッチです。

やはり稼げる市場をみつけることは重要です。
それが、効率的に稼ぐということでもありますし、SEO対策するということです。

報酬が高く成約率が高いキーワードは人気で、アフィリエイターはそのキーワードを狙います。
なので、上位表示がされにくく、他サイトにうもれてしまっては報酬には反映されません。
だからこそ、2語や3語で上位表示させることが稼ぐのであれば必要になります。

では、今回はあるアフィリエイターさんのサイトをみてみたいと思います。

有名なアフィリエイター「パシさん」を参考にする

この方は、ニッチなキーワードやそうでない人気のキーワードでアフィリエイトサイトを作成しています。

・生命保険サイト
・学資保険サイト
・個人年金保険サイト
・医療保険サイト
・がん保険サイト
・自動車保険サイト
・車を売るサイト
・FXで稼ぐサイト
・キャッシングのサイト
・外壁塗装のサイト
・葬儀費用のサイト

専門の会社が作成したようなサイトになっています。
まさに理想のサイトです。(個人的に…)

アフィリエイターなら、一度は見たことがあるサイトではないかと思います。

参考にしたい”パシさんのサイト”のポイント

・独自ドメイン(基本)
・サーバーを借りる(基本)
・記事数が100記事以上
・どこにも負けないサイトコンテンツの充実度
・サイトの見た目が羨ましいほどきれい
・高額な報酬が得られるものを中心のサイト。

あれ?これニッチではない?
と思う方がいたかもしれません。(いなかったらすみません)
いや、これはニッチですね。
あまり、キーワードとして手をつけにくいものを狙ったり、
サイトボリュームが多かったり、
記事もキーワードに気をつけて作成されています。

どんなサイトでもニッチを狙うことができるとは理解できたかと思います。
それでは、

何のアフィリエイトがおすすめか?

ということについてです。

私も、最初は何のサイトを作成しようか悩みました。
・ある程度の知識がある
・体験したことがある
・自分が作成していて苦にならずにつくれるサイト
(例:ダイエットに興味があればダイエットの情報を集めれるのには苦にならにでしょう。自身の体験を書くことができます。どんなニーズがあるかある程度理解できます)
・1件の単価が高いなどと、作成意欲が湧く
・アフィリエイトのニーズがある

こんな感じに自分にあったものを選べばいいかなーと思いサイト作りをしています。
すると、必然とニッチを狙っていることになります。
実際、やるとわかりますがpvなどはあがっていきます。
(また、商品が売れることとは別に話になりますが、ここでは割愛。)

では実際に、キーワードをとりあげ考えてみます。

例えば、「ダイエット」

一見、ダイエットは参入者は多く、ニッチは狙えないとか思いそうですが、
先ほどを例に考えると違いますね。

「ダイエット 実践」
「酵素 ダイエット」
「水素水 ダイエット」
をテーマにしたサイトを作成する。

おすすめは、
「ダイエット」
という大きなテーマでサイトを作成します。
そして、色々なダイエットについて記事を書きアクセス数の変動をみます。
そこで、人気の記事にテーマを絞ったサイトを作成していくのもいいでしょうし、効率よくサイトを大きくするなどです。

(*記事も100記事あたりになったら広告をいれていくという方もいますが、正直私はどっちでもいいかなと思います)

(*ですが、最初のサイトで順調にアクセスがあり報酬があるということは難しいかもしれません。ドメインを買ってする場合は最初はアクセス数は限られてしまいます。)
*試行錯誤しながら作業を続けることが重要です。

経験上も、独自ドメインを買って、借りたサーバーにサイトをのせたあとのアクセスについいてですが、最初からアクセス数を狙うのは難しいです。4pvとか、最悪なしというアクセス解析ですが、途中でアクセスは爆発してきます。
ちゃんとしたサイトであれば、右肩あがりの推移です。

SEO対策しないと、だめかな?

とか思ってませんか?

サイトが育ってない時は、SEO対策しないいけないかなと思います。
1ヶ月、2ヶ月くらいは思うかもしれません。
しかし、3ヶ月くらい経つとある程度、アクセス数がドカンと増えてくるはずです。
ここから、また広告がクリックされて報酬がでるまでにはもう少しかかります。
こういう経緯をたどるということをはじめから知っていれば安心です。

3ヶ月は何もなくても、サイトアフィリをするならばサイトを挫折や諦めたりせずに続けていかないといけないのはつらいことですが….。

また、記事を外注化する場合は、まとめて記事をのせることができます。
なのである程度、サイトを作成したら、首をなが〜くして待つことが大事です。
もし、ある記事のアクセスがヒットしていたらその記事の内容をより濃く見直す必要もあります。

もしくは、待たずに違うサイト作成にとりかかることがベストでしょう。

多くサイトを作成することで、比較ができます。
また、アフィリエイターとしてもレベルアップできます。

そうはいっても、キーワード選定には失敗してほしくはありません。量産アフィリエイトをすることを決めていてもです。
無駄なものに時間をかけても時間の無駄になってしまいますから、サイト作成には十分な時間をかえる必要があるのでサイトのテーマやコンテンツ、サイトデザインについては、2、3日内容までじっくりかけて考えてもよいと思います。

サイトテーマになるキーワード

どんなキーワードがあるかみてみることで自分が作りたいサイトや自分が取り上げたいテーマ、キーワードがみえてくるかと思います。
以下に、少しキーワードを羅列してみます。

医療(美容外科・AGAなど)
健康グッズ
健康食品
エステ
コスメ・メイク
スキンケア(化粧品、パック、洗顔)
ダイエット(ダイエット器具、ダイエット食品)
ネイル
ヘアケア
ボディケア
クリニック
美容機器(美顔器、脱毛器など)
美容食品
グルメ予約(宅配ピザ、おせち)
飲料(ウォーターサーバー、水素水)
加工食品
生鮮食品(宅配スーパー)

ファッション小物
金融(銀行カード)
投資(FX)
保険(生命保険、車保険、ペット保険)
物件
引越業者
就職・転職
起業・会社設立
在宅ワーク
習い事
資格取得
専門学校・スクール
家庭教師・塾
幼児教育
インテリア
家電
電話(楽天スマホ)
生活雑貨
オフィス用品
家事・日用品
ガーデニング
リサイクル
子育て
お得情報
写真・プリント
ペット(保険、宿泊、ペットフード)
葬祭
webコンサルティング
サーバー
ホームページ・ネットショップ
ポイントサービス・懸賞
wifi
プロバイダー
回線(光回線)
動画(動画配信、DTV)
ギャンブル(競馬、宝くじ、パチンコ)
グッズ(パワーストーン、開運グッズ)
ゲーム
音楽(楽器、ピアノ講座)
書籍・本(ゲオ宅配、電子書籍
占い (電話占い、来店による占い鑑定)
オリジナルギフト(名前入れ〇〇ギフト、セレクトギフトショップ)
花(開店祝いの花、母の日の花)
お祝い (還暦のお祝いギフト、出産祝い、オムツケーキ、
車・バイク(保険、車整備品)
スポーツ(立ち乗りスクーター、ヨガ、ゴルフ、ダーツ)
アウトドア
婚活(婚活パーティー、婚活サイト)
恋愛
ウエディング(結婚式場、ウエディングドレスレンタル)

以上。

などのキーワードがASPで扱われています。
少しは、イメージできるものはあったでしょうか?
成功

「婚活」を例にニッチ市場はあるのかをみてみる

では、婚活に興味があるなーと思った場合を例にニッチについて考えていこうと思います。

例えば、「婚活」…
「婚活」でネット検索してトップページで1位表示できればアフィリエイト成約率はかなり高くなります。
しかし、単語の検索で1位表示はかなり難しいです。
前述の通り「婚活、大阪、人気」「60代男性の婚活」などと検索してトップページで1位表示するのは、
「婚活」のみで検索されるよりは1位表示されやすいです。

この「婚活、大阪、人気」は複合キーワードスモールキーワードロングテールキーワードといい、ここを狙うのが個人でアフィリエイトをする初心者が狙うべきキーワードになります。
こういう「60代男性の婚活」はとても検索されなさそうだけど、需要がゼロではないキーワードがニッチなキーワードですね。

これは、あくまで例です。
最後に「何のアフィリエイトがおすすめか?」
という問いに関しては
自分がサイト・ブログ作成するならと考えていくのが
一番よいと思います。
1つダメでも、2つ、3つ、4つと考えられるようになることが稼ぐことにつながるかと思います。
この考えることが、一人でアフィリエイトをしていくならば考えないといけないなーとも思いますので
この機会にもし悩んでいた方であれば考えてみてください。
アクセスアップ
まとめ
「潜在的な需要があるが規模は小さい市場」、
もしくは、「誰も手を付けていない市場で需要がある市場」
を狙ってサイト作成をすることがネットで稼ぐには重要です。