ピンホールメガネおすすめの効果的な使い方

家で、テレビを見るときやテレビゲームをするときなど、普通のメガネではなく、ピンホールメガネを使うようにしました。最初の1カ月、これを継続したのですが、視力は回復することもなく、目の周りが蒸れて痒くなるだけで、ほとんど効果が感じられませんでした。確かにピンホールメガネをかけている間は、裸眼では見えないような距離のものも何とか見えるのですが、外した途端、いつもと何も変わりません。ピンホールメガネを使用している他の方はどいういう使い方をしているのだろうと気になり、インターネットで調べてみたところ、ピンホールメガネをかけたまま、視力回復トレーニングをするのが良さそうということがわかりました。大した値段ではないですが、せっかく購入したメガネを無駄にするのも勿体ないと思い、トレーニングも始めてみました。トレーニングの内容は難しいものではなく、遠くを見てから近くを見たり、眼球を意識して、上、右、下、左のように動かすなど、一般的な視力回復トレーニング方法です。これを3カ月ほど続けたところ、以前より、少しだけ目が良くなった感じがします。前までは裸眼で見えなかった標識の文字が、ぼやけてはいますが、何とか読み取れるようになりました。また、以前は目が疲れて、痙攣するようなことがあったのですが、この頻度も減りました。劇的な効果は得られませんでしたが、少しだけ、目に優しい効果があったようなので、今後も継続していくつもりです。

ピンホールメガネおすすめの使い方


ピンホールメガネのおすすめの使い方は、家でリラックスしているときは、常にピンホールメガネで過ごすことです。特にテレビを見ている間、お風呂に入っている間などは、このメガネで過ごすのがよいと思います。CMの間や入浴中に、上記の感想に記載したような視力回復トレーニングをするのが良いです。ただし、本を読むときや勉強するときなど、ピンホールメガネをかけたままだと、集中の妨げとなることもあるかもしれません。そのような場合は、無理をせずに普通のメガネをかけて過ごすことをオススメします。短期間で成果が出るものではないため、無理なく継続できるかどうかが鍵となります。
ピンホールメガネ選びですが、100円均一のものではなく、amazonや楽天でレビュー評価が高く、使い易いものを選ぶのがポイントです。
私はamazonで購入しました。