ダメな走り方はつま先から足裏全体につく足のつき方


基本的な走り方についてですがダメなのはランニングで前に足を踏み出したらつま先から足裏全体で足を着地させる人がいますが、こうした方法は足に大きな負担がかかって足が太くなってしまうことがあり、踏み出した足のかかとから着地するようにすると足に無駄な負荷係らず、ランニングにより足太くなることありません。ランニングでたくさんの酸素を吸うために腕を挽き背筋伸ばしましょう。すると胸が開いて肺にたくさん酸素を入れられます。ランニング効果あげるには前傾姿勢がだいじと言われており、すると足が前に出やすくなるのです。実際は、たんに身体前傾させるだけだと足が前に出にくいようで、いい方法として骨盤前傾させる方法ですが、骨盤を前傾させるのはどうするのかと思う人もいるでしょう。これは体を上に引き上げるイメージでのばして体をちょっと前傾させることにより骨盤前傾します。一般に街中で走ってる方の中で頭の位置が上下してる人が多くて、こうした方法をすると足が太くなってしまいます。あなたも伸びランニングをしてみて脂肪燃焼しつつ足を補足してみてください。ダイエットに適するのは有酸素運動で、そのうちとても効果あるのは水泳、ランニングです。ダイエットに適してるランニング頻度は週3回1日おきにすること。週3回ペースは体に負担かけないで脂肪燃焼が可能でいいでしょう。初心者は週2日を持続できると素晴らしくランニングは体に負荷少ないと思われてますが、1歩には約体重2~3倍の衝撃がかかってます。いそがしければ週1回でよいので自分のライフスタイルに合わせて3か月続けてみることを目標にして下さい。

ランニングは3日坊主しないようにするコツ

私がランニング始めたとき3日坊主がずっとでした。ランニング続けられるようになったのは、最低限の決まりとして週3回1分以上でも走るようにしたことです。私は習慣化とされていますが長い距離を走りたくないと思う日が多いです。笑。
「ランニング、つらい、はしらなきゃ」
というよりは、
「ちょっと外にでて、体動かすか」
みたいなノリで走ってます。
とりあえず、外にでて音楽を聞いて走り出してみればもう少し走ろうと思えてくるものです。それでどんどん走る距離を伸ばしてみるといつのまにか長い距離も走れるようになるものです。人によって走る意気込みは違いますが、ダイエットでいえば、その日走らなくてもまた走って続けることがダイエット成功につながりますのでぜひ1分でいいから外に出ようでいいです。

無理してスピードはださなくていいので自分のペースで走ってみてください。初心者は外にいき運動が面倒と思ってしまいますが、週3回走れる格好で外に出かけられればいいとしましょう。
また、朝食前のランニングは胃の中に何もない状況で体に蓄えたタンパク質、脂肪をより消費しやすいです。