サーキュレーターと扇風機の違いについて

・「サーキュレーター」はどちらかといえば直線的に風を送ることを目的としている機種で隣の部屋からでも風を送り届けることが出来ます。
使用目的としては洗濯物を乾かしたりエアコンと併用して空気循環を良くして早目にエアコンの効きが良くなるように部屋の中の空気をかき混ぜることに特化していて、ほとんどの機種において分解洗浄はできないと思います。
また、直線的に風を集中して送ることに特化しているので構造上横に風が抜けないつくりになっているし、強い風なので基本的には人に風を当てるようにはできていません。

・「扇風機」は逆に人に風を送り届けることを目的としているので分解して掃除が出来るものがほとんどで、どちらかというとサーキュレーターよりは柔らかい風が届きます。
しかし、多方向に風が抜けるように構造上作られているので遠くの場所に風を送り届けるという目的では強風モードでも届きづらいと思っている方が無難だと思います。

・また、エアコンと併用してもしないよりは効果があるかとは思いますがいくら首ふり機能があるとしてもサーキュレーターに比べると遠くの空気を循環させるほどの風は作り出せないので暖房と併用して空気をかき混ぜるといった使い方はできません。
部屋干しにおいてもサーキュレーターは強い風を吹きつけることで乾燥時間を短縮できるのですが、扇風機はそれに比べて弱い風なので乾燥時間も倍以上かかってしまいます。

サーキュレーターのおすすめの使い方って?

・サーキュレーターのおすすめの使い方としてはエアコン併用で暖房や冷房の際に首振りをすることで室内の空気を冷たい部分と温かい部分をかき混ぜることによって素早く冷やしたり温めたりすることが出来きるための空気を循環させる特性を存分に発揮することができあます。
・エアコンの風に対しての置き方によって現れる効果の速度が変わってくるため出来るだけ効率よく置き方を変えることでエアコンの温度を冷やしすぎたり温度設定を高くしすぎたりしないでも十分に効果が得られるようになるので電気代金節約にもなると思います。

・サーキュレーターを選ぶ際には出来るだけ普段使いできるようにと静音機能を重視すると良いと思います。
なぜなら昼間はあまり気にならないのですが、もっとも効果的に使おうと思う場合寝る際などに使用する場合はやはり扇風機よりは威力が上がる分音がうるさいので気になって眠れなくなってしまいます。
そういった事を考慮すると出来るだけ静かな方が普段使いしやすいと思います。

こういった事を考慮するとオススメの使い方はエアコンで冷房を使う際にはあらかじめ設定温度を27度から28度ほどの高めに設定しておいてサーキュレーターと併用することで部屋の冷たい空気と温かい空気を循環させて高い設定温度でも十分体感的には冷たい状態を保てるという使い方が出来ます。
エアコンの設定温度を1度下げるだけで電気代がかなり違うと言われていますので電気代を節約する目的なのであれば設定温度は冷房の際は高めで、暖房の際は低めで設定しておいてサーキュレーターと併用するという使い方をすることで快適に過ごせる室内温度を保ちつつ電気代は節約できるという事になると思います。

部屋干しに使う際でもできればサーキュレーターと除湿や扇風機などを組み合わせて出来るだけ濡れた洗濯物に風を当て続けて早急に乾燥させることで雑菌の繁殖を防いで部屋干しした際に発生する生乾きのイヤなにおいを出来るだけ軽減することが出来ます。
乾燥機を使用して完全に乾かすのは電気代もかなりかかるしそもそも洗濯機事態も値段がかなり高くなってくるのですでに乾燥機を使用している人であればある程度乾燥させておいてからサーキュレーターで仕上げに風を当てて乾燥させると衣類の縮みも軽減すると思います。

安くておすすめのアイリス製品のサーキュレーターを実際に2年ほど使ってみての感想

このアイリスオーヤマ製(PCF-HD15N-W)のサーキュレータの何がいいかというとまず静音モードを搭載していることと、値段がかなり安いことがあげられます。値段の割には小型で風量が確保できるという事が買いやすい点ではないでしょうか。

また、サーキュレータというのはどちらかといえば分解できない仕様になっていることが多いのですがこちらの商品は分解できて掃除が出来るといった点においても優れていると思います。
風量は静音モードでも十分あるのですがやはり小型であるが故に風量が中や強になるとサーキュレータ―の本体がガタガタと揺れて床に当たってしまいうるさくなってしまいます。
風の強さは申し分ないのですが、うるさいので寝る際に使用するには全くお勧めできません。

ので寝る際に使用する際は静音モードをお勧めします。
また、値段が安いので360度ダイヤルが周るのでついうっかり静音モードにしたつもりが実はまわしすぎたりしてしまう場合があるのでよく気を付けた方がいいのと、これにはタイマーがないので外出時にタイマーをかけたいときには向きませんが洗濯物を乾かしたいので強風でつけっぱなしにしているという使い方でも電気代自体は安いのでコストパフォーマンスには優れていると思います。